お世話になります。希望へ.comブログの管理人です。

この度、九州医事新報(2018年4月20日号)にセミナー告知に関する記事を掲載していただきましたので、ご案内いたします。

九州医事新報(2018年4月20日号)

以下、九州医事新報(2018年4月20日号)の記事をご紹介いたします(記事引用)。

パープルリボンセミナーin福岡2018

難治がんと言われる「膵臓がん」と、希少がんである「神経内分泌腫瘍」の患者・家族を支援するNPO法人パンキャンジャパン福岡支部(茅原史典支部長)がこのほど発足し、5月6日「パープルリボンセミナーin福岡」を初めて開催する。

九州がんセンターの古川正幸副院長と福岡山王病院膵臓内科・神経内分泌腫瘍センターの伊藤鉄英センター長が登壇。膵臓がん、膵内分泌腫瘍の基本から最新情報までを、じっくりと解説する。

日時

5月6日(日)午後1時〜同4時

会場

福岡市健康づくりサポートセンター・あいれふ10階講堂(福岡市中央区舞鶴2-5-1)

参加費

無料

定員

120人(要事前申し込み)

問い合わせ

NPO法人パンキャンジャパン福岡支部

TEL:090-3326-2828(茅原支部長)

http://www.pancan.jp

九州医事新報の画像は以下をご覧ください

九州医事新報の画像

▼九州医事新報(2018年4月号)

その他

九州医事新報さまは、九州における医療界に特化した情報を発信し続け、医療界の発展に貢献されている会社です。

今回、「パープルリボンセミナーin福岡」の告知をしていただいたことで、医療関係の皆さまに対する情報のご提供が可能となり、このことは、最終的にエンドユーザーである患者さんのメリットにつながるものと信じております。

九州医事新報さまには、大変お忙しい中ご対応いただき、心より感謝申し上げます。

今後も、普及啓発活動に努めてまいりますので、皆様方のご支援ご理解をよろしくお願いいたします。